2005年03月31日

PART36(壷・カブレラの台所から出たゴミ)

笑いの修行場 PART 36
03/04/16 23:05〜03/04/18 21:12

――――――――――――――――――――――
ホワイトトースト ◆vx7t3k9gGA
お題
 【真似しちゃ】民間伝承避妊法を教えて【ダメ!】



タイコ下手
 ろくに家事をしないのに、家事手伝いを名乗る。


ユースケ ◆ppYByIniuc
 あらかじめ膣内で微生物を飼っておく


名無し職人
 愛の力で乗り越える。


名無し二軍
 乾燥するまで、おちんちんを膣から抜かない。


◆1YD61CtY.E
 あそこにくくりつけたネクタイをほどきわけもなく叫ぶ


――――――――――――――――――――――
笑 ◆ys4//9gEbc
お題
 駅のホームで流れるアナウンスを考えてください
 *車内でのアナウンスではありません



山田錦 ◆O0YmW1PxBI
 「まもなく、1番線に、バールのようなものが到着します」


ホワイトトースト ◆vx7t3k9gGA
 だだいま1番線と3番線が絶交しております。
 2番線の立場が微妙です。



ホワイトトースト ◆vx7t3k9gGA
 携帯電話ご使用の方の迷惑になりますので
 ペースメーカーの電源はお切りください。


――――――――――――――――――――――
名無し職人
お題
 20世紀前半人類は二度の(  )を体験し多くの命を失った



烏賊 ◆lkFv5fv.2o
 20世紀前半人類は二度の(喪服萌え)を体験し多くの命を失った


名無し直リン
 20世紀前半人類は二度の(ペンション宿泊)を体験し多くの命を失った


田楽 ◆ofMUslMaDU
 20世紀前半人類は二度の(親父の指入りラーメン)を体験し多くの命を失った


名無し職人
 肉ばなれ


――――――――――――――――――――――
名無し@修行中
【お題】
 ゴミには「燃えるゴミ」と「燃えないゴミ」と「○○○○ゴミ」がある。



武者裸婦 ◆rDMusya1zU
 誰かに伝えたいゴミ


名無し職人
 消し去りたい過去の思い出のゴミ


名無し職人
 カブレラの台所から出たゴミがある


――――――――――――――――――――――
ホワイトトースト ◆vx7t3k9gGA
お題
 相変わらずおんなじ様なドラマばっかり作りやがって!
 しゃーないので新しいドラマの設定を考えようか。
 とりあえず職業物にするから、どんな仕事でどんなタイトルがいいか教えて! 
 【タイトル】職業  又は  職業【タイトル】



もんご ◆MONGOc7zls
 【はみだし刑事・スンニ派】無政府状態のイラクで略奪に励む元刑事


武者裸婦 ◆rDMusya1zU
 【灰という名のもとに】葬儀屋


武者裸婦 ◆rDMusya1zU
 【三匹が斬る】トリオ漫才


名無し職人
 【拝啓 田原様、近藤様】ギタリスト


――――――――――――――――――――――
ヨロラホレイヒ
【お題】
 それはそれは可愛い後輩がいます。
 その子が旅行に行って来たのですが、
 期待していたお土産を買ってくるのを忘れてしまい
 とても責任を感じてしまっています。
 そんな時に気の利いた一言!!



頭ペット
 「ずいぶんとおまわしだけど、そんな愛の形もありだな・・」


ミッド
 ごめんよ、最初から無かったんだよ、ちんちんを包む幸せのイソギンチャクなんて。


ミッド
 いいんだよ、24年ぶりに君が帰ってきてくれただけで。


わし
 「期待通りだよ!!!」


――――――――――――――――――――――
名無し職人
【お題】
 薄汚いホームレスがゴミ箱をあさってます。
 なんて声をかける?または行動。



ホワイトトースト ◆vx7t3k9gGA
 「おめでとう。メジャーデビューが決まりましたよ。」


ホワイトトースト ◆vx7t3k9gGA
 「見つかりました?俺のキンタマ」


名無し職人
 「ほほぅこれが食物連鎖か。」


――――――――――――――――――――――
でんがく ◆4mW4zZZXIc
【お題】
 あなたはタクシー運転手でつ。いつものようにお客が乗ってきました
 俺「お客さん何処まで?」
 奴「○○○」
 俺「○○○!」



20%おふ ◆zLr7yX2yRc
 俺「お客さん何処まで?」
 奴「is this a dog?」
 俺「No it is a kume hirosi!!!」


名無し職人
 俺「お客さん何処まで?」
 奴「大腸まで頼むわ。」
 俺「あいよ。小腸の奥だね。」


名無し職人
 俺「お客さん何処まで?」
 奴「前の車をおえっ」
 俺「あ!吐かないでくださいよ」


でんがく ◇4mW4zZZXIc
 俺「お客さん何処まで?」
 奴「ふっ俺に行き先などは存在しない。時代の流れにただ身を任せるのみだ。」
 俺「風俗に行きたいなら始めからそう言え!」


――――――――――――――――――――――
posted by にんにん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 修行場31〜40 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2708857

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。